2006年07月28日

【頼りになる侠(おとこ)たち】続き

たった一人で行ってくれた侠がいました。

いつも冗談ばかり言っている馳(長谷)ですが…
本気(と、書いてマジ!)で感動しています。

その侠は井口指導員。
誠に有難う御座いました。
押忍。
posted by 馳晩成 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スターティングオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【頼りになる侠(おとこ)たち】

馳晩成(長谷和徳)は実に恵まれた男だと思います。

それは‥闘道會の為に、ある時は馳(長谷)個人の為に“損得を抜きに”闘ってくれる男(=侠)たちがいるからです。
ここでいう“闘い”は所謂“戦争/ケンカ”という意味ではありません。
(‥勿論、皆“戦争/ケンカ”に滅法強い侠たちばかりなのですが。笑)

自分が入院中の時も‥各教室の稽古が中断・休止することがないように速やかにシフトを組んでくれたり、留守を守ってくれた侠たち。
ある大会の時などは、ウチの刺繍を施した空手着を身に纏っているにもかかわらず‥大会会場で彼女に膝枕をして貰っている無粋な生徒(試合内容・結果も誉められる内容ではなかった者)を見つけた時、長谷に代わり厳しく叱ってくれた侠。(よほど身に滲みたのか‥叱られた彼は自主退会というかフェイドアウト。苦笑
「オイ!鍵は返そうよな。○○君!」怒)
等々、枚挙に暇がないほど素晴らしい侠たちに囲まれています。

本日も、退院後一週間が過ぎたものの‥まだ右手を使って重い物を持てない状態の自分を気遣ってくれた侠が大宅教室の引っ越し(大量のジョイントマットやキックミット、プロテクター等の移動)を
【続く】
posted by 馳晩成 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スターティングオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

約20日ぶりの入浴!

今日の通院・診察で退院後1週間の経過観察…X線でも問題なく遂に、遂に…
主治医の先生から【入浴許可】が出た!
。゜(ρ_-)゜。感涙!
実は‥この暑い中、毎日【下半身浴+上半身清拭】のみでした。

「いやぁ〜、お風呂ってホンットォーッにいいですねぇ‥」笑
♪\(^▽^)/最高!!
『♪なんでもないようなことが〜しあわせだったとおも〜う…』
を痛感しました。
押忍。
明日はリハビリ!
頑張るぞッ‥と。
posted by 馳晩成 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | スターティングオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

【NEWS】

●その2 『達人 第弐巻〈蘇る空手最強伝説〉』 BUDO-RA BOOKS フル・コム[編] 東邦出版 \2,415- …が22日(土)に遂に発売致されました! 付録のDVDには11年前にタイ・ミャンマー国境の街メーソットにて“命を懸けて”闘ったミャンマーラウェイ戦士との“素手素面の闘い”が収録されております。 街中の喧嘩ではない、お互いに格闘“技”を身に付けた者同士の素手素面・頭突き・肘打ち・投げ・立ち関節技 有りの真“拳”勝負です。 このDVDを観て思うのは…“技術的”には“現在”の晩成ならばまた、違う闘い方ができる自信があるということ。 先般の誠空会全日本や交流戦で観せた“立ち関節技”や“立ち関節プラス打撃技”等を駆使して… (b^-゜) 近い将来、国内でお観せできる機会があると思います。 押忍。
posted by 馳晩成 at 12:21| Comment(5) | TrackBack(0) | スターティングオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【NEWS】

…を2つ! ●その1 昨日、大阪市中央体育館で行われた『新空手西日本大会』に拳蹴塾・本間塾長と空我のヒロリンとT上サンが出場し、それぞれK2、K3ルール(グローブ着用による顔面攻撃可)にチャレンジしました。 MIDORIサンと晩成はセコンドとして同行致しました。 詳しいレポートは 【拳蹴塾・本間塾長のブログ】 http://ameblo.jp/kenshu-juku/ 【MIDORIサンのブログ】 http://ameblo.jp/k1-midori/ にお任せします。 3人とも男らしく、侍らしく闘いました。 一言、大会関係者の方に苦言を申し上げるならば… 『“スリップダウン”と“(攻撃を受けたことによる)ダウン”を見抜く目を養って下さい。』 そして 『選手の安全と審判の公平性を大切にする気持ちがあるならば“反則”を厳しくチェックする必要があると思います。』 他にも気付いた点は有りますが特に上記2点を。 押忍。
posted by 馳晩成 at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | スターティングオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

途切れてた〜!苦笑

その意味では絶対に長谷…で途切れてたんですね。 気付かなかったぁ〜… /(*_*) 【続き】 長谷和徳でなければならない試合《ビッグマッチ》が年内に東京で予定されています。 その為にも今は回復に集中しなくてはならないと思っています。 押忍。 ヾ( ´ー`)
posted by 馳晩成 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スターティングオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

退院!

ブログに書き込むのが遅くなりましたが、遂に…
『退院』致しましたぁッ!!!!!
19日、水曜日にです。
12日に手術を受けたので“一週間後”ですね。
(b^-`;)
『ちょっと早いんではないかい?』
/(+_+)!?
お説ごもっとも…
勿論、完治ではなく 現在は改造人間(!)ですが。笑

しかし、病院スタッフの皆様の御尽力や友人、生徒の皆様の励ましを戴き
長谷和徳、ここに復活致しました!
“馳晩成”としての復活は少し先になりますが…必ず不死“熊”の如く蘇ります。
押忍。

これを機にブログのカテゴリーを新たに“スターティングオーバー”としました。
Starting Over…すなわち“仕切り直し”です。
この入院→手術→退院を機に、幾つかの事柄について“仕切り直し”を誓いました。

一つは
今後の試合は『“馳晩成”または“長谷和徳”でなくてはならない、誰にも代わりは務まらない』試合のみにしか出場しない事に致しました。
上の『 』を決めるのは自分自身の判断やプロモーターの声の場合もあるでしょう。
いずれにしても“必然性”を感じない試合には 勇気を持って試合をしないことも ある意味『闘う』ことではないかと思いました。
その意味では年内に“絶対に長谷
posted by 馳晩成 at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | スターティングオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

(`・ω・´)押忍。

10日(月)の入院以来 たくさんの方々に見舞いに来て戴き、またメールや電話等でも応援のお言葉を多数戴きまして 誠に有り難う御座います。
m(u_u)m

友人、仲間…生徒の元気な笑顔に会えると、治るスピードも加速する気が致します。
(=^▽^=)
“昨日よりも今日、今日よりも明日”日に日に体が治っていくのを実感致します。
皆様がくださるパワーを得て、今回の試練を乗り越える事ができそうです。

押忍。
posted by 馳晩成 at 18:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

【皆様のおかげです】

皆様には大変ご心配とご迷惑をお掛けしております。
晩成です。

12日の【タイトルマッチ】=【手術】に完勝しました!

主治医の先生や看護師の方々はじめ病院のスタッフの皆様のケア…また、生徒と保護者様そして友人・仲間達の力強い支えが有って無事に手術を成功致しました!

皆様に深く感謝を申し上げます。

「有り難う御座いました!…押忍。」

昨夜は高熱によりグロッキー(『タイムボカン』のマージョの手下とは無関係)状態だったのでブログへの書き込みを控えましたが…熱も落ち着き、術後の経過も良好ということで、明日から少しずつリハビリを開始致します!
えっ!?
早過ぎって…?
そうですよ。
♪奇跡を起こせ〜
今、その腕に〜…

そう、ミラクル。

馳晩成の『Accel 格闘武道会』での入場テーマ曲は「ミラクル・ガイ(少林寺木人拳のテーマ)」ですよ!

(b^-゜)
押忍!
(【闘道會の掲示板】にも同文を書き込みました。)
posted by 馳晩成 at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

【7.2大会】6日後 Now(笑)

5片に割れた粉砕骨折とはいえ、単純骨折。
骨が皮膚を突き破るような外傷を伴っている複雑骨折(開放性骨折)とは違い、感染症の危険はない…
また、部位的にも左ではない…
とはいうものの…
受傷後6日も経過すれば、炎症による腫れも緩和してきていますが…そのせいで5片に割れた骨の欠片が体を動かす度に動くのがわかる!
ゴリゴリゴリ…
(ノ_・。)
あー…
イタ気持ち悪い〜


不死鳥ならぬ“不死熊”馳晩成
必ず復活します。

押忍。
posted by 馳晩成 at 17:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.2大会】その5

「試合は」ダメダメの敗けでした。
「試合は」…
この意味、判りますよね?
拳を交えた足高選手が一番よく判りますね?
「試合として、闘ったんだから…試合として、決着がついた…試合として、敗けた」
これは事実です。
『もし…』『…だったら』『…れば』は申しません。
だからこそ…
足高選手、もう一度「試合」をしましょう。
次は“G〈グローブ〉ルール”の「試合」をね。
( ^o^)乂(^-^ )

最後に…
暴言を吐いたつもりは無かったのですが
馳が試合終了直後に言った台詞を厳しく注意をしてくれたレフェリー氏(すみません御名前を存じ上げなくて)
有難う御座いました。
あの台詞は勝った者、或いは台詞通りの闘いができた者が口にできる言葉ですよね。
いや、武道家ならば言葉にしない言葉でしたね。
注意して戴いたことで、直ぐにそれに気付く事ができました。
押忍。

それにパウンドを受けていた時も(右手は動かずとも)直撃を避け、身体的にも精神的にも馳が絶対にギブアップしないところをよく見抜き…レフェリーストップをかけたりせずに、適切なレフェリングをして下さいました。
感謝致します。


特に1Rの寝技の展開時での足高選手のサミング攻撃(目突き!)をよく見抜き、足高選手に注意を与えて下さった時にはその適切なレフェリングに驚きました。
押忍。

あ、足高選手!
あのサミングは「試合」では禁止・反則技ですが「試合ではない闘い」ならば素晴らしく有効なプレッシャー…
「ナイス・サミング!」でしたよ。苦笑
再び拳を交える日を心待ちにしております。
押忍。
posted by 馳晩成 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.2大会】その4

だからと言って、馳晩成が
「折れた!折れた折れたッ!!折れてる…」なんて、レフェリーに試合中止を求める泣き言を言う筈はなく…

「右拳一本使えなくても、俺には左拳も左右の脚もある!
足がヘシ折れながらも、武器(バールやスコップ!)を持つ4人の相手と闘い、勝ったこともあるやんけ!」
「パンチが当たる度に、何度も…相手の意識が飛びかけているのは判る。
もっと…もっと強い左が打てればたおせるのにいぃぃッ…!!」
そう思いながら闘っている最中も5〜6度(いや、それ以上か?)1Rに鎖骨が折れたのと同じ形で投げられ、同じ形で体が乗り
…恐らく、その度に繰り返し骨が折れて今回の“粉砕骨折(5片)”に至ったのだと思う。
posted by 馳晩成 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.2大会】その3

その『右鎖骨骨折』がどのように起こったか?…から試合の話を始めます。

それは1Rでした。

今回は足高選手の、たっての希望通り“武道会〈総合〉ルール”を受けてたつ形となりました(当初は“G〈グローブ〉ルール”で対戦する話が進んでいたのですが…)。
『もし…』『…だったら』『…れば』を言うのは大嫌いですし、“真の強者はルールを選ばない(どのルールでも勝てるのが真の強者)”との持論に信念があります。
しかし、当初のルールを変更したいとの意向を聞いた際に…「ならば…頭突き・ヒジ打ちも有りでやりましょうよ。」と長谷が提案しなかったことを悔やんでしまいます。(全局面で、全打撃技の使用を許可しない試合は…結局、“組技〈グラップリング〉競技”になってしまうのです。この持論については機会を変えて記述致します)
“武道会〈総合〉ルール”を承諾した…のに、ルールを追加する…つまり、『吐いた唾を呑む』のは男の美学に反するので「Gルールで使用する10オンスではなく、薄いオープンフィンガーグローブで殴るんだからパンチで決着(カタ)をつければ良い」と、プラス思考することにしました。

そして、試合開始直後…早々にして投げ技をかけられた際に足高選手の体(ビデオで確認していないが、恐らくヒジか頭が)右の鎖骨に乗り…その瞬間「ミシィッ!!」と嫌な音が体の中で鳴りました。
折れたことがハッキリわかりました。
posted by 馳晩成 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.2大会】その2

さて…
先程「“負傷を伴う敗戦”により…」と申し上げましたが、現状は『右鎖骨骨折』で鎖骨が5片に粉砕している状態です。
武道家として、格闘技選手として…自ら負ってしまった怪我について詳細を書き込むのには当初は抵抗感があったのですが「隠すのではなく、その負傷を補える 強い自分に進化すれば良い」との判断で、書き込むことに致しました。

生徒にとっては師範不在の稽古が暫く続くことになる事態で、不安の声もあるでしょうが…
幸い、空我の三上師範や当会の野本師範代、井口指導員が師範不在中の指導ローテーションを汲(組)んでくれ、休講にすることがないように配慮しています。(拳蹴塾・本間塾長をはじめ、多数の先生方や拳友からも御協力を戴けるという有難いお声を頂戴致しました。
皆様、誠に感謝しております。
押忍。)
生徒の皆さんは長谷とは違う 普段とは違う稽古を行うことで、新たな発見をしたり 技術の幅を広げたり 先生の技を学んで下さい。
押忍。
posted by 馳晩成 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.2大会】その1

前回のブログで「(7.2『Accel 格闘武道会5』での試合について)もっと掘り下げて…」と書きましたね。
たいへんお待たせ致しました。
押忍。
m(u_u)m
さて…
6.11龍生塾主催SB興行『昇龍伝』のレポートを控えたのと同様に今回の大会も現時点ではビデオ等の記録を確認していないので控えようかとも考えたのですが…“負傷を伴う敗戦”により皆様に御心配をおかけしてしまっている事態と、自分自身の Starting Over(仕切り直し)の為に、あくまで主観的(プラス観戦者の声)レポートではありますが、書き込みたいと思います。
(文中、不適切な表現や「それは違うよ!」等の御指摘がありましたら…ブログのコメント欄や【闘道會の掲示板】、掲示板に表示している晩成のメルアドへ直メールをお寄せ下さい。
宜しく御願い致します。
押忍。
posted by 馳晩成 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

昨日の大会…

『Aaccel 格闘武道会5』のレポートを【闘道會の掲示板】http://0bbs.jp/toudo-kai/に速報的(遅い時間でしたが…)に記しましたが…
ブログでは、もっと掘り下げて詳しく書きたいと思います。
少々お待ち下さい。
押忍。
posted by 馳晩成 at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

押忍。

必勝。
posted by 馳晩成 at 23:56| Comment(1) | TrackBack(0) | ウォーミングアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。