2007年08月09日

【7.21 CHAOS MADMAX 総括その4〜『格闘技通信』を観て〜】

【続き】
さて…
評価って“万人万色”だと思います。
表舞台に立って観戦者の前で闘ったのですから、あらゆる声に耳を傾けます。
それが批判であっても、きっと自分を鍛える糧になります。そう思います。
それに闘い方や美学も“万人万色”…
例えば江口選手には江口選手の「(無門会)空手道」があるでしょうし、
皆様には皆様の信じる「空手道」がありますよね。
俺は俺の「闘道」を貫くだけです。
押忍。

たまには(頻繁に?)“一喜一憂”しますが…ね!苦笑

『人間だもの』
えっ?「『熊だもの』でしょ?」って?笑
押忍。
posted by 馳晩成 at 12:59| Comment(5) | TrackBack(1) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント失礼いたします。私はマー坊と申します。
ブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。
もし宜しければ私のサイトと相互リンクしていただけないでしょうか?
私のサイトはこちらです。
http://nanpalife.com/
もてる方法と恋愛攻略法を書いております。
宜しくお願いいたします。

もし、お受けできるようでしたら私のブログにコメントで返事いただけばすぐにリンクさせていただきます。
Posted by マー坊 at 2007年08月09日 21:14
マー坊サン

ご評価を戴きまして有難う御座います。

恐れ入りますが…
『出会い系』や『アダルト』に通じるサイトやブログとのリンクは申し出のあった方、皆様方に丁重にお断りさせて戴いております。
会の生徒や保護者の目に触れるブログでもありますし…
万一、未成年者の生徒にトラブルが生じるのを避ける為にも『アダルト系』『交際系』のリンクは貼らない方針で運営しております。
どうか意を汲んで戴けますよう、宜しく御願い申し上げます。
押忍。
Posted by 馳 晩成 at 2007年08月10日 01:43
私も読みました。出血が多いから負けとは‥‥、気迫では誰が見ても、馳さんの勝ちですよ!
また試合を見れる日を楽しみにしています。

Posted by 坊主 at 2007年08月11日 22:53
坊主サン

初めまして。
コメントを戴き、有難う御座います。

『気迫』を評価されるのは、武道家として光栄であります。

試合前・中・後を通じて「馳(長谷)クンの“いつも通り”にやれば勝てる試合や」と言われました。
全く、自分でも同感でした。
しかし、実は“いつも通り”に闘えない理由が有りました。
それはメンタルではなく、フィジカル面…コンディションの面です。
ハッキリ言って怪我の事です。
これ以上は勘弁して下さい。
勝てなかった言い訳にはしたくないので…

それを言葉にすると…
応援してくれた皆様方やチケットを買って観戦してくれたお客様、闘いの舞台を提供してくれたF.S.A拳真館の羽山館長に対して失礼ですよね。
何より、対戦した江口選手を愚弄することになるのは不本意であります。
(逆に、『格通』P.80の江口選手のコメントには虚しい気持ちにさせられましたが…)

馳は“プロ”として
また、“闘道會の代表”として
恥ずかしくない、堂々と胸を張れる“真っ向勝負”をしたつもりであります。
身体面で不備があろうと…それを補い、上回る精神面で闘い抜いたつもりであります。
完全決着を着けられず、ドローの結果は残念でしたが…

その結果が坊主サンのコメントや『格通』での羽山館長の評価に繋がっているのだと思います。

また
グローブや防具を着けた試合の様に技のラリーにならなかったことは“素手の闘い”を解る人が少ない現在…選手が何を話しても言い訳と取られても仕方がないと思いますし、解らない人に何を書かれても…悔しいですが、仕方のない事だと思っております。

坊主サン、今回の結果に懲りず…今後共、馳 晩成(長谷 和徳)及び闘道會の闘いを暖かく見守って戴けますよう また、時には厳しい御意見を戴けますよう宜しく御願い申し上げます。
押忍。

長文失礼致しました。
Posted by 馳 晩成 at 2007年08月12日 01:25
返信ありがとうございます。今回の結果には懲りてませんよ!今回の戦いを観て、馳さんのファンになったぐらいですから。全国には今回の事で馳さんのファンになった人は多いと思いますよ。事実、会場では馳さんへの応援が上回ってたし、拍手も多かったですよ!
次回は体調を万全にしてがんばって下さい!体調万全の時の馳さん、まじすごそうですね。
Posted by 坊主 at 2007年08月14日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 格闘技通信格闘技通信(かくとうぎつうしん)は、ベースボール・マガジン社発行の格闘技雑誌|専門誌。1986年に月刊誌として創刊。1992年からは月2回刊。格闘技の大会ガイドや、選手のインタビューなどの情..
Weblog: 格闘技事典
Tracked: 2008-02-04 12:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。