2007年09月16日

【2007 侍杯 格闘空手 鉄道事故遺児チャリティー 全日本選手権】H19.9.9 その2

【続き】
仮に選手経験があったとしても“効いた・効いてない”の判断は人それぞれ。
タフな方もいれば、丈夫でない方もいます。苦笑
そこに審判をされている方の“現役時代の得意技”や“お気に入り技”笑…“ファイトスタイル(インファイター的orアウトボクサー的)の好み”等…主観に左右されるものであることは否めません。

公平性・平等性を求めるならば
客観的にも判断できる“積極性”が旗を揚げる基準となってしまうことは、ある意味 必然的かもしれません。

その意味でも
“ラッシュ力”、“アグレッシヴさ”は《勝ち上がる為に》重要な要素ですよね。
【続く】
posted by 馳晩成 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。