2007年09月16日

【2007 侍杯 格闘空手 鉄道事故遺児チャリティー 全日本選手権】H19.9.9 その4

【続き】
“必死”だったと思います。
彼の一生懸命さや実直さは、よく知っていますから。
(b^-゜)
明るい“好青年”ですよ。

己の闘う姿を見せて、後進を育てている姿にも共感を持ちます。
向上心を持つ彼は、今後さらに強くなると思います。

選手として“準優勝”の結果に甘んじる事は絶対にあり得ませんが…
彼とMVP(侍賞)を分け合えたことは嬉しく思います。

また、その御配慮を戴いた大会会長の誠空会 碇井伸吾館長にも感謝の気持ちでいっぱいです。

他にも記したい事がまだあるのですが…
ひとまず筆?を置きます。

押忍。
【続く】
posted by 馳晩成 at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2007 侍杯 格闘空手 鉄道事故遺児チャリティー 全日本選手権】H19.9.9 その3

【続き】
がむしゃらに“手数・足数”を出すことによって、試合のイニシアチブを取ったかの様に観せるのも《勝ちに拘る》ならば重要な?テクニックですよね。苦笑

でもね、それで一時的な勝利(例え●●世界チャンピオンであっても)を得られても、闘った本人(両者)には解るもんなんですよ。笑
“誤魔化し”たかどうかなんて。
(ま、そんな要領の良い奴がどんな世界でも“残る”のが悔しいですが、ね。)

誤解のない様に記しますと…
百武クンにはそんな“誤魔化し”の様な気持ちは微塵も無いと思います。
(`・ω・´)キッパリ
【続く】
posted by 馳晩成 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2007 侍杯 格闘空手 鉄道事故遺児チャリティー 全日本選手権】H19.9.9 その2

【続き】
仮に選手経験があったとしても“効いた・効いてない”の判断は人それぞれ。
タフな方もいれば、丈夫でない方もいます。苦笑
そこに審判をされている方の“現役時代の得意技”や“お気に入り技”笑…“ファイトスタイル(インファイター的orアウトボクサー的)の好み”等…主観に左右されるものであることは否めません。

公平性・平等性を求めるならば
客観的にも判断できる“積極性”が旗を揚げる基準となってしまうことは、ある意味 必然的かもしれません。

その意味でも
“ラッシュ力”、“アグレッシヴさ”は《勝ち上がる為に》重要な要素ですよね。
【続く】
posted by 馳晩成 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【2007 侍杯 格闘空手 鉄道事故遺児チャリティー 全日本選手権】H19.9.9 その1

いや、早いですね…一週間。
♪トゥリャ、トゥリャトゥリャトゥリャトゥリャトゥリャリャ〜…って感じですね。苦笑

さてさて
例によって、試合経過の描写等は避けます。(信頼できる友人、知人そして生徒から観戦後の声を聴いていますが…自分自身が試合ビデオ等を観ていない現在、断片的な記憶だけを頼りにそれらを書くのは好きではないので…)

ただ
一週間が経過しても、頭に浮かぶのは“反省点”ばかりです。
ヾ(;´ー`)
先のケイオス戦でも痛感しましたが…
約22年間、選手として闘ってきて…
悔しいですが、全く向上していないのでは?と、さえ思える“再延長戦におけるラッシュ力の無さ”…
●| ̄/_

たとえ『ルールの詳細/6.判定について』の中で「技有りや反則のなかった場合の判定基準の優先順位は以下のとおり。
1.ダメージの大きさ
2.有効な打撃の数
3.積極性
4.体力」

と、定められていても《防具着用ルール》の特性上、「ダメージの大きさ」や「有効な打撃の数」の判断、解釈は審判の主観によってバラつきがあるもの。
審判をされている皆さんに“選手経験”があるわけではないので、仕方のない事だと思います。
【続く】
posted by 馳晩成 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

【7.21 CHAOS MADMAX 総括その4〜『格闘技通信』を観て〜】

【続き】
さて…
評価って“万人万色”だと思います。
表舞台に立って観戦者の前で闘ったのですから、あらゆる声に耳を傾けます。
それが批判であっても、きっと自分を鍛える糧になります。そう思います。
それに闘い方や美学も“万人万色”…
例えば江口選手には江口選手の「(無門会)空手道」があるでしょうし、
皆様には皆様の信じる「空手道」がありますよね。
俺は俺の「闘道」を貫くだけです。
押忍。

たまには(頻繁に?)“一喜一憂”しますが…ね!苦笑

『人間だもの』
えっ?「『熊だもの』でしょ?」って?笑
押忍。
posted by 馳晩成 at 12:59| Comment(5) | TrackBack(1) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.21 CHAOS MADMAX 総括その3〜『格闘技通信』を観て〜】

【続き】
次のページに書いていたF.S.A拳真館・羽山館長の評は嬉しかったですね。
ヾ( ´∀`)/
「ムエタイのように切れば勝ちというのは特殊な世界ですよね。やりたいと選手が言っても、切れてるからダメ。立っていれば、喧嘩は負けていないじゃないですか。馳選手よりカットさせた江口選手のほうが引いてるぐらいで、あれが根性、あれが喧嘩ですよ。喧嘩ってエンドレスでルールもない。…」
技術編もグッジョブでした!
【続く】
posted by 馳晩成 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.21 CHAOS MADMAX 総括その2〜『格闘技通信』を観て〜】

【続き】
紅の挑戦者サン(その正体は中●タ●シ選手!)が言ってくれた「客観的評価に耳を向けることも大切」も、良く解るので…
この御意見は御意見として(文中に“山田英司の分析”とあるように)あくまで山田編集長の見解として有難く頂戴し、省察の課題に致します。
押忍。
【続く】
posted by 馳晩成 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.21CHAOS MADMAX 総括その1〜『格闘技通信』を観て〜】

『♪昨晩 眠れずに 失望と戦った〜…』by「太陽の破片」尾崎豊です。ハイ。苦笑

『格闘技通信』No.428 9・8号…
「CHAOS MADMAX」の特集の見開きページを観た時はショックでした。
島木譲二ばりに「う〜ン、晩成ショック!」でした。苦笑

間違って、書店の同じ本棚に並んでいたベースボールマガジン社の『相撲』を手に取ってしまったのか?と目を疑いました。
/(・_・;)
あちゃー…

表紙をみて『格闘技通信』と、確認した時にはクラクラ…と目眩がしました。笑

「お、俺のジャニーズ顔がぁ…」汗

山田編集長が書いた試合評は「厳しいなァ」…と思いました。苦笑

初っ端から「あれだけ血が出たら馳の負けですよ。」ときましたもんね。苦笑

俺に言わせれば…
別にドクターチェックを俺から要求した訳じゃないし、試合中にドクターに(血を拭うなどして、視界を)ヘルプして貰ったつもりもありません。
レフェリーの指示に従ったまでです。
(それすらも無用だと「大丈夫。全く問題ない!」とリング上で叫んだつもりですが?)

“血が出たから敗け”ですか?
…それじゃ“鼻血ルール”の小学生の喧嘩ッス。笑

とはいえ…
【続く】
posted by 馳晩成 at 12:33| Comment(2) | TrackBack(1) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

【7.21 CHAOS MADMAXU WORLD CHAOS MADMAX 公開血闘七番勝負】その2

ここでは

今大会での馳の勝利を願い、来場して支えてくれた仲間達や勝利を信じて留守を守ってくれた生徒達、上京できなくとも勝利を祈り、熱い“念”を送ってくれた仲間達、諸先輩・先生方々…

本当に、本当に沢山の皆様に
「有難う」を申し上げます。

次回、江口選手との“決着戦”
そして彼の師匠である“達人”
無門会・富樫宜資会長との立ち合い…

必ず勝ちます。
押忍。
posted by 馳晩成 at 10:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【7.21 CHAOS MADMAX U WORLD CHAOS MADMAX 公開血闘七番勝負】

久し振りの『表ブロ…
いや、ゴホンッ
『シーサーブログ』の更新となりますね。笑
(『ミクシィ』の日記は頻繁にUPしています…今大会についても速報的にUPしています。あくまで《友人限定》閲覧の話ですが…)

さて、一昨日に東京・ディファ有明にて開催された『CHAOS MADMAX』大会ですが
結果から申し上げますと“ドロー(引き分け)”でありました。

試合経過については映像で確認をしていない現在、主観のみで書くのは控えます。(映像確認後ですら見解の相違があるので…誤解の無いように慎重に意見を述べることにします。)
押忍。
【続く】
posted by 馳晩成 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

【補足】

『記者会見5』で書いた
“実戦でありますが、実戦ではありません”
の文章…
日本語としてはちょっとヘンですよね?笑

その後の文章で、意を汲んで戴けるとは存じますが…

“実戦でありますが、私闘ではありません”
または“誇りある実戦”と書いた方がより的確だったかな、とも思います。

“誇りある実戦”則ち、お互いに流儀、会派…は違えど『空手道』を歩む者同士が自らの拳を信じ、“それぞれの誇りを胸に”闘う。

私闘では無いので、拳足(全身)のみを武器とすることがルール。

凶器の使用は禁止。
…噛みつき、ひっ掻き、髪を掴んでの攻撃(陰毛を掴んでのパチキ→オゲレツ!苦笑)…等は、お互いの“空手家(武道家)としての誇りに懸けて”禁じ手とする…
そんなところでしょうか?

あと1ヶ月。

納得のいく稽古を積みたいと存じます。

痛みのある箇所を治すことも大切な稽古ですよね。苦笑

押忍。
posted by 馳晩成 at 18:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

【6.16『WORLD CHAOS-MADMAX』記者会見5】

そう“当たり前”のことなんです。

しかし“実戦でありますが、実戦ではありません”。
対戦相手はあくまで一人。レフェリーが俺を羽交い締めにしたり、セコンドがリングに上がり、複数相手の闘いになることはありません。
拳足をはじめとした肉体の武器以外の凶器(銃や刃物)を所有している訳ではありません。
実戦では相手が1人で丸腰だなんて、むしろ稀ですから。笑
また、グローブという道具を使いこなして攻防するわけでもなく…
防具着用ルールの様に「マスクを付けてるんだから…目・鼻・口が潰れる訳じゃないから首を鍛えていれば、相手に叩かれながらでも突っ込んでいけばOK!」という訳にはいきません。
目・鼻・口、ぶっ壊れちゃいますよね。苦笑
そういう意味では実戦です。

う〜ン…
文章がまとまりませんねぇ〜…苦笑

何となくでも
言いたいことを御理解して戴けた方はコメントを貰えますか?
不安です。笑

押忍。
posted by 馳晩成 at 06:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6.16『WORLD CHAOS-MADMAX』記者会見4】

時代背景的、世代的に考えても…誰もが“喧嘩に勝つ為”だけに空手を始めた訳ではないでしょうが…少なくとも“武的発想”をした時に、この様な場面で「敗けても良い」と思える武道家、格闘家の方は皆無かと思います。笑
修羅場で、「ウチの団体は顔面ナシだから」って顔面パンチ知らなくて良いですか?
「掴み禁止、掴み禁止!ヤメ、ヤメ…」って言ったら、相手はクリーンに手を放してくれますか?
金的を蹴られたからって、相手が減点されたり…回復時間を与えられたりしませんよね?笑
posted by 馳晩成 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6.16『WORLD CHAOS-MADMAX』記者会見3】

(不運ながらも)街中で喧嘩が始まった時に、どこの誰が「金的攻撃ナシで宜しく」や「お前、何キロ?体重差あるからグローブハンデ付けないとアカンねぇ」とか「なんじゃい!やるんかい!…バンデージを巻くから、ちょっと待ってくれや」なんて言いますか?
posted by 馳晩成 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6.16『WORLD CHAOS-MADMAX』記者会見2】

質疑応答の中では恐縮ではありましたが…自らの武道観を話させて戴いたり、対戦する江口選手の意気込みを聞かせて貰い、非常に有意義な時間を戴きました。
会見でも話しましたが…
今回行う『CHAOS真拳ルール』
“裸拳・金的攻撃あり”って…
本当は“ごくフツー”なことなんですよ。笑
posted by 馳晩成 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【6.16『WORLD CHAOS-MADMAX』記者会見1】

遡ること4日前…
東京・水道橋の後楽園飯店にて『7.21 WORLD CHAOS-MADMAX』の記者会見がありました。
13:00〜の記者会見…
何事に関しても“ギリギリボーイズ”?な俺は、例によって例の如く…お約束どおり3分前に到着。苦笑
(;´Д`)=з
ロビーで羽山館長に御挨拶し、会見場へ…
記者会見では『大会の開催趣旨』や『ミャンマー人を招へいしないことに関する経緯』等を羽山館長が語る中、淡々と進みました。
posted by 馳晩成 at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

本日は【記者会見】

…だというのに、一睡もしていない。苦笑

昨日の夕方、近鉄momo六地蔵店のベンチで30分程ウトウトしただけです…
σ(Θ_Θ)ヤベ…

ネタくりもしていないし…笑

マジで眠ってしまうんと違うやろか、俺…

(((゜д゜;)))
posted by 馳晩成 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

【続き】

6/16(土)のキッククラスと一般部の空手教室は黒帯のIサンとSサンに指導を御願いしております。
誠に恐縮です。

来る7.21の本番では、最高の結果を出せるように最善を尽くします。
押忍。
posted by 馳晩成 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

【指導前、大阪に行ってました】

『CHAOS-MADMAX』出場にあたって“健康診断書(HIVの検査結果)”の提出をケイオスプロモーション事務局より求められていたので…

先月『5.19 K−1スウェーデン(スカンジナビア)大会』に出場する準備の為に、5/12に血液検査に訪れていた大阪・天満のYクリニックへ行き、検査結果を受け取りに行きました。
検査結果は【闘道會の掲示板】http://0bbs.jp/toudo-kai/に添付した写メの通り。

shock…>●| ̄/_
   ‘

な、筈はなく…笑

『HIV』も
『B肝』も
『C肝』も
当然《シロ》です。
(b^-゜)

あたり前田のキャプチュードだっちゅーの!笑

押忍。
posted by 馳晩成 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

【やはり、“もう一度 孤独に火を付け”…ます。】

暫く…
無愛想かもしれません。苦笑

ミクシィの日記や【闘道會の掲示板】、シーサーブログの【闘道記】に何も書かなかったり、コメント返しをしなかったり、送信下さったメールの返信が滞ったりするかもしれません。
かと、思ったら突然…閃いたクダラナイ駄洒落や、どうでも良い独り言をほざくかもしれません。
アホやと思って、ほっといて下さい。

(本日あった)ムカついたことも『馬鹿野郎!』と、怒鳴りたいことも全部…

原点に返り、“独り稽古”にぶつけます。
押忍。
posted by 馳晩成 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 『闘』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。